三越前(日本橋)の歯医者・たべ歯科クリニック・歯ブラシについて

ここでは歯ブラシや清掃道具について解説します

歯ブラシ

基本的に皆さんが毎日使用してるものです

◯歯医者さんでお口に合ったサイズを選びましょう

◯基本的に毛先が開いてきたら交換時期です

◯新しいものを購入してすぐに毛先が開いたら力が入りすぎです

◯毎回色々なメーカーを買わずにコレ!と決まったら同じメーカーのサイズ・硬さを選びましょう

◯選ぶコツはやや小さめ、多少柔らかい毛先の方が使いやすいです

◯ただし柔らかめの方が当然耐久性に劣ります・慣れてきたらノーマルの硬さでもいいです

◯ペングリップ(鉛筆持ち)で持ちましょう

◯利き腕側が逆手になるので基本的に不得手になります。利き腕側はより細かく磨きましょう

電動ブラシ

最近はかなり一般的になってきた電動ブラシ

元々は介護等に使われていたものですが最近は使用される方も多いです

◯勝手に動くので毛先をきちんと歯の面に当てるのを心がけてください

◯きちんと当てられたら部分部分を決めて移動させる

デンタルフロス(糸ようじ)

歯と歯はコンタクトといい一定にキツさで接しています

(いわゆるすきっ歯にはありません)

その部分は不潔になりやすいのでフロスの出番です

ちなみに糸ようじは小林製薬の商標登録らしいですが一般的には柄にフロスが張ってあるものです。

◯コンタクトに通す時パンと抵抗があったらその下を擦らない歯肉が痛みます

◯フロスを通すと歯が離れる感じがするといいますが汚れが取れただけですのでご安心を

◯治療中の仮歯 にはフロスはかけないでください

歯間ブラシ

先に書いたコンタクトより下の部分(専門用語で歯間空隙といいます)を清掃するもの

◯サイズ感が難しいのでできればかかりつけの歯医者さんにサイズを見てもらいましょう

◯初めは出血しますがそのうちに付着物のみ取れるようになります

◯誰でも歯間ブラシを使用できるわけではありません。歯の骨が下がってる人でないと入りませんので一番小さいサイズでも通らなければその部分は歯間ブラシの適応ではありません。

◯歯間ブラシに歯磨き粉をつける必要はありません

ウォーターピック

あまり一般的ではありませんが水流で汚れを流すものです

非常によく汚れが落ちますのでオススメしたいのですが高価なのと水浸しになるので夜お風呂に入りながら使ったほうがいいかもしれません

逆に朝や昼には不向き?なので他のブラシと併用してもいいかもしれません

家電で販売してます

歯磨き粉

歯磨き粉はフッ素や研磨剤・ハイドロキシアパタイト・キシリトールなどなど有効成分が入ってますが同時に清涼感を出す為にミント等が含まれてるので辛いです。あまりつけすぎると辛くて長く磨けないので少量で結構です(お財布にもやさしいですね)

液体歯磨きは含んでから歯を磨くもので洗口材は磨いてから使用してください

 

 

詳細はお問い合わせ ご相談下さい